トップページ
特徴
動作環境
マニュアル
購入方法
お問い合わせ
デモンストレーション
作品例
カメラの撮り方
PCへの取り込み
ユーザー登録
ユーザーページ
サイトマップ


1、動作環境
2、メニューバー
3、ツールバー
4、フレームごとの画像表示
5、二つのリソースの画像を並べて表示
 (1)重ねて表示
 (2)上下に対比表示
 (3)左右に対比表示
6、画像の印刷


  1、動作環境

●CPU PentiumU 500MHz以上
●動作OS Windows 2000 Professional
Windows XP Professional/Home Edition
(98、MeはAVIビデオファイルのみキャプチャ可能、左右ドラッグは不可)
●ブラウザ マイクロソフト インターネットエクスプローラ5.0以上
●メモリ 128MB以上
●ディスプレイ 画面の色数32ビット、解像度800*600以上(1024*768推奨)
●ハードディスク 150MB以上
●ファイル形式 入力形式(ビデオの再生)
MPG File(MPEG ビデオファイル)
AVI File(AVIビデオファイル)
WMV File(Windows Media Video/オーディオファイル)
DAT File(ビデオCD)
入力ファイル形式の追加
VOB file(DVDビデオ)
※ 市販のDVDは再生並びにキャプチャすることはできません。

出力形式(画像の保存)
イメージ: BMP
テキスト: RTF




  2、メニューバー

「ファイル」メニュー(クリックすると、次のような画面が出ます。)



「編集」メニュー<コメント(文字列)編集に使うメニュー>


「表示」メニュー


「ウィンドウ」メニュー


「目次」メニュー




  3、ツールバー



 「新規作成」:新しい画面を作ります。

 「開く」:再生するメディアファイルを開きます。

 「保存」:キャプチャ()された画像を保存します。

 「印刷」:キャプチャされた画像を印刷します。

 コメント(文字列)編集に使うツールバー

 「切り取り」:選択された文字列をクリップボードに切り取ります。

 「コピー」:選択された文字列をクリップボードにコピーします。

 「貼り付け」:クリップボードに保存されている文字列をカーソルの位置に挿入します。

 「太字」:選択された文字列を太字に設定します。
 (既に太字が設定されている場合は、太字の書式を解除します。)

 「斜体」:選択された文字列を斜体に設定します。
 (既に斜体が設定されている場合は、斜体の書式を解除します。)

 「下線」:選択した文字列の下に線を引きます。
 (既に下線が引かれている場合は、下線の書式を解除します。)


 次の図のような画面(重ねて表示)にはコメント編集ができます。


 「重ねて表示」:表示された画面を重ねて表示します。

 「上下に並べて表示」:表示された画面を上下に対比表示します。

 「左右に並べて表示」:表示された画面を左右に対比表示します。



  4、フレームごとの画像表示

デジポイントアイを起動したら、メイン画面の中に自動的に動画表示の画面が作られます。


ボタンをクリックして、ファイルを開くと、動画が現れます。
次にキャプチャボタン()をクリックします。フレーム間隔を30に指定した場合(オート設定)には、
30フレームごとの画像が30枚出ます。
次の画像をキャプチャしたいときには、「」ボタン(クリア)をクリックして、キャプチャされた画像を
クリアします。こうすると、新しい画像をまた30枚までキャプチャすることができます。




  ◆ボタンなどの説明

 メディアファイル ポジションバー
 現在再生されているメディアが全体のどの位置になるのかがわかります。
 ポジションバーをドラッグすると動画(静止画)が移動します。

 メディアをファイルの先頭から再生します。

 再生中の動画を一時停止したり、一時停止中の動画をプレーしたりします。

 一時停止の時、選択されたフレーム間隔で前の画像を表示します。 

 一時停止の時、選択されたフレーム間隔で次の画像を表示します。

 画像キャプチャのモードを設定します。
     オートモード :画像を一回 30枚キャプチャします。
     マニュアルモード :画像を一枚ずつキャプチャします。

 フレーム間隔を選択します。999までの数値が入力できます。

 キャプチャされた画像をクリアします。

 画像をキャプチャします。

 音量スライダー
 音量スライダーをドラッグして、再生されているメディアの音声を調整します。

 表示のみのエリア
   カウンター  :現在再生されているメディアのフレームを表示します。
   ファイルネーム:現在再生されているメディアのファイル名を表示します。

  ◆フレーム間隔の設定表示

 

   30フレーム 1秒、    6フレーム 1/5秒、  2フレーム 1/15秒
   15フレーム 1/2秒、  5フレーム 1/6秒、  1フレーム 1/30秒、
   10フレーム 1/3秒、  3フレーム 1/10秒、


  ◆マニュアル設定 (オート □ がチェックされていないとき)の場合

A:動画再生中、クリック時点での画像をキャプチャします。

B:動画一時停止(「」ボタンを押した場合)中、キャプチャ)をクリックすると、表示
されている静止画像をキャプチャします。
フレーム間隔を設定したり、ボタンを使用して、見たい画像をキャプチャします。
例えば:フレーム間隔を60に指定した場合、ボタンをクリックすると、60 フレーム前、
後の画像が表示されます。
キャプチャ()をクリックすると、表示されている画像だけをキャプチャします。
30枚までキャプチャすることができます。



  5、二つのリソースの画像を並べて表示

(1)重ねて表示

ボタンをクリックすると、新しい画面が表示されます。
(タイトルバーのアイコンをダブルクリックすると、画面が閉じます。)



(2)上下に対比表示



◆ 画像のズーム:画面を重ねて表示すると上下に対比表示の場合には、キャプチャされた
画像をクリックしたら、ズーム画面が表示されます。
マウスを使って、画像を拡大したり、縮小したりすることができます。



(3)左右に対比表示


例えば、アクティブウィンドの画像を 1 フレーム戻したい時は、フレーム間隔を()にして、
(前へ)をクリックします。

◆画像を重ねて表示: 共に一時停止した状態でドラッグすることができます。

ツールバーの左右対比を使用した時、キャプチャ機能は停止状態になります。



  6、画像の印刷

「ファイル」の印刷メニュー又はツールバーのをクリックすると、キャプチャされた
画像や左右並べて表示されている画像をプレビューして印刷します。

プレビュー画面のツールバー:


 プレビューの画面を更新します。


ページを拡大します。

 ページを縮小します。

 ページを印刷します。

 最初のページを表示します。

 前のページを表示します。

 次のページを表示します。

 最後のページを表示します。

 プレビュー画面を閉じます。

 ページの倍率が表示されます。

  ページ数が表示されます。

印刷は対比なしの印刷と対比ありの印刷があります。
対比なしの印刷は、アクティブ画面(選択された画面)の画像を印刷します。
重ねて表示した場合、ボタンを押すと、アクティブ画面(選択された画面)の画像を先に印刷します。

 対比なしの印刷は図1のようになります。






 対比ありの印刷は、上下対比と左右対比があります。

(1)上下に対比する場合の印刷:





(2)左右に対比表示する場合の印刷:







monomos@umer.jp